砥部焼陶芸館(トベヤキトウゲイカン) [愛媛県伊予郡砥部町宮内/レジャー、趣味(その他)]

ここから本文です
トベヤキトウゲイカン

「行きたい」ボタンで登録する

[ 伊予・伊予郡 ] レジャー、趣味(その他) / レジャー・エンタメ / 生活雑貨、日用品

クチコミ数9件

白磁に藍色の呉須絵が特徴の砥部焼の歴史と伝統を紹介する資料館。日用品から美術工芸品までさまざまな砥部焼を展示、販売するほか、陶芸教室では窯元の指導により絵付、手びねり、ロクロなどの体験もできる。春と秋には掘り出し物が廉価で買える「窯出し市」も行っている。

電話番号089-962-3900

砥部焼陶芸館の写真

投稿する

砥部焼陶芸館のプラン

【愛媛・陶芸体験】初めての方でも丁寧に直接指導!手びねり陶芸体験

【愛媛・陶芸体験】初めての方でも丁寧に直接指導!手びねり陶芸体験

料金:1,800円/1名様

丁寧な指導で伝統の砥部焼を手軽に作れる!
お子様からご年配の方まで、愛媛の伝統工芸品である白磁器、砥部焼を手軽に制作できる陶芸体験プランです。手びねりの技法を使う90分の体験で、カップや茶碗、お皿など4点ほどを作ることができます。初めての方でも大丈夫です!制作から本焼まで、砥部焼に精通したスタッフが丁寧に指導します。
団体での参加大歓迎の陶芸教室
手作りの器は、自分で使うのはもちろんのこと、ご家族や友人へのプレゼントにも喜ばれます。砥部焼陶芸館は、駐車場完備。120名までの参加が可能ですので、学校でのご参加や会社の研修などにもお使いいただけます。江戸時代から続く200年以上の歴史を持つ砥部焼作りを、どうぞお気軽にご体験ください!

砥部焼陶芸館のプランをもっと見る

砥部焼陶芸館のクチコミ

投稿する

  • 湯飲みやお皿の作り方をとても丁寧に教えて頂け ました。 初めての陶芸…

    湯飲みやお皿の作り方をとても丁寧に教えて頂け ました。 初めての陶芸体験に子供達も大喜びでした。 2ヶ月後に焼きあがった作品が届くのですが、とても楽しみです。 続きを読む>>

    投稿者: つじもさん 投稿日: 2017/07/25

    情報提供元:アソビュー株式会社

  • 手書きの砥部焼

    5 5点満点中

    四国の焼き物というと砥部焼が思い浮かびます。 青の色味と手書きの風合いがかわいくついつい買いたくなります。 2階は砥部焼の製造工程が見学出来ます。 プリントの瀬戸物が多い中手書きの作品は後世に残し... 続きを読む>>

    投稿者: ろんさん 投稿日: 2017/07/12

    情報提供元:フォートラベル

砥部焼陶芸館のクチコミをもっと見る

砥部焼陶芸館の詳細情報

〒791-2120 愛媛県伊予郡砥部町宮内83 情報提供元:アソビュー株式会社

  • 電話番号
    089-962-3900 情報提供元:アソビュー株式会社
  • 営業時間
    8:30~17:00 情報提供元:アソビュー株式会社
  • HP
    http://www.togeikan.com/(外部サイト) 情報提供元:協同組合i-TAK
  • 特徴
    カード可 / 駐車場あり
  • カテゴリ
    陶芸体験・陶芸教室 情報提供元: アソビュー株式会社
  • クレジットカードコメント
    VISA、マスター、アメリカン・エキスプレス、JCB、銀聯(ぎんれん)、ダイナースクラブ 情報提供元: アソビュー株式会社
  • 駐車場コメント
    70台 情報提供元: アソビュー株式会社
ヤフーで検索されている話題のお店がひと目でわかります。
ヤフーで検索されたデータなどをもとに、世の中の話題度をスコア表示。特にスコアが高いものは
話題沸騰
注目
としてご紹介しています。
(集計期間:2017/09/13〜2017/09/19)※このスコアは、グルメ情報のみ提供しています。

Yahoo!検索で調べる

情報提供元

ページトップへ

砥部焼陶芸館周辺のグルメスポット

周辺のイベント情報
  • 秋の伝統工芸士会展2017

    秋の伝統工芸士会展2017

    [ 展覧会 ]

    約240年の歴史を持ち、国の伝統的工芸品や愛媛県の無形文化財に指定されている砥部...

  • 砥部川河川敷「いもたき」

    砥部川河川敷「いもたき」

    [ 食のイベント ]

    砥部川のほとりで提灯の灯りに照らされながら「いもたき」を食べて、秋の夜を楽しもう...

  • とべ動物園の日

    とべ動物園の日

    [ その他 ]

    「とべ動物園の日」は、高校生以下の入園料が無料となります。動物慰霊祭やもちまきな...

周辺のイベント情報をもっと見る

周辺のスポット
本文はここまでです このページの先頭へ