ベトナム屋台 サイゴン2

ベトナム料理

アクセス:愛知県名古屋市西区那古野

円頓寺商店街の中でも、昔ながらの飲み屋が軒を連ねる円頓寺銀座街という路地裏にあり、本場ベトナムの屋台の雰囲気を再現。「おいしいものをリーズナブルに」と、米粉の麺のフォーや生春巻きのゴイクン、ベトナム風カレーのバインセオなど手ごろな価格の定番メニューがずらり。ベトナム中部のダラット産ワイン(グラス・519円)などもあり、円頓寺商店街にある姉妹店「BAR DUFI」からの出前も可能だ。

中華割烹 ひさだ

中華料理、割ぽう

アクセス:愛知県名古屋市中区東桜

本場四川や有名中国料理店で、料理長を務めた久田オーナーシェフが手掛ける中華割烹(かっぽう)。一度食べるとその味のとりこになってしまう人続出の「汁なし坦々麺」は、センス抜群の一杯だ。「四川料理は香りが肝心」と、山椒の効いたひき肉、パクチーなどさまざまな薬味で食欲をかき立てる。本場の調理法をベースに作られる中華メニューはすべてに工夫が光り、この店だけの味を確立させているスペシャリティな一軒だ。

上海屋

中華料理

アクセス:愛知県名古屋市昭和区滝子町

東京の有名店で修行を積んだシェフと上海出身の奥さんが二人三脚で営む中国料理店。常連客には某有名飲食店の社長や某スポーツ選手が名を連ね、うわさを聞きつけた客でにぎわう。確かな素材と技で本番の味を再現するメニューは、それぞれにファンがいるものの、特に人気が高いのはクリーミーなスープがクセになる「坦々麺」。ごま風味の香ばしいスープととろみのある餡(あん)が食欲をそそり、他にはない味わいで食通も魅了する。

味鮮園 南店

中華料理

アクセス:愛知県名古屋市南区港東通

ランチや夜の定食、一品料理など豊富なメニューがそろう中国料理店。中でも看板メニューは、丼を覆い尽くすほどの約30本もの唐辛子がのった「地獄ラーメン」。鶏ガラや豚の背骨から取っただしを味噌仕立てにしたスープに、唐辛子の辛さがしっかりと溶け出し、一口飲んだだけでしびれるほどの衝撃に襲われる。唐辛子を練り込んだ麺と一緒にすすると、相乗効果で辛さ倍増。真っ赤な見た目もインパクト大のラーメンだ。

タイごはん ポーヤイ

タイ料理、カフェ、タイカレー

アクセス:岐阜県岐阜市徹明通

自家菜園の採れたて野菜を取り入れた、タイ料理カフェ。タイの定番料理に加え、コックの出身地であるイーサン地方の家庭料理もそろう。米粉麺を使ったトムヤムラーメン「クィティオトムヤム」は、ムール貝やエビなど魚介がたっぷり。さらに豚や牛骨のだし、畑で栽培するパクチーを合わせたスープが、辛味ペーストとブレンドされて風味豊かに仕上がっている。午後は手作りケーキとコーヒーでカフェタイムを。

酔喰処 亜鹿猪~珍

アジア料理、エスニック(その他)

アクセス:愛知県名古屋市中区栄

1週間に使うパクチーが約20kgにもなるこのお店。SNSで話題となり人気を博し、「日本パクチー狂会」を主宰する「パクチーハウス東京」にもお墨付きを受け、連日パクチー好きが集っている。グリーンカレーのゲーンキョワンや春雨サラダのヤムウンセンといったタイ料理、生春巻きのゴイクンや米粉のヌードルのフォーをはじめとしたベトナム料理など、個性あふれる品々をラインラップ。その他、多彩なおつまみの品々がそろう。