ここから本文です

少林山 達磨お焚き上げ供養

終了

少林山 達磨お焚き上げ供養

(c)少林山達磨寺

縁起だるま発祥の禅寺で有名な少林山達磨寺境内で、だるまお焚き上げ供養が行われます。1月6日と7日に立つ「七草大祭だるま市」の際に、一年間の役目を果たし、達磨寺に納められた数多くの古だるまが僧侶によって供養されます。昔から、このだるまを焚き上げる火にあたると一年を無病息災で過ごせるという言い伝えがあります。

群馬県の季節のイベント、行事一覧

ジャンル:
季節のイベント、行事 情報提供元:協同組合i-TAK
開催地:
情報提供元:協同組合i-TAK
開催期間:

※イベントの中止や開催期間の変更に関しては、「問い合わせ先」欄に掲載の連絡先までご確認ください。 情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先:
少林山達磨寺 027-322-8800 情報提供元:協同組合i-TAK
関連サイト:
http://www.daruma.or.jp/(外部サイト) 情報提供元:協同組合i-TAK

情報提供元を表示する

少林山達磨寺

ホームページ(外部サイト)

施設の詳細情報
少林山達磨寺の地図

元禄年間に中国の渡来僧・心越禅師(しんえつぜんじ)が開山。方位の災いを除くという北斗星を神格化した「北辰鎮宅霊符尊(ほくしんちんたくれいふそん)」と「達磨大師」、「観音菩薩」を祀っている。祈願寺としても有名で、方位除けや厄除けを願って多くの参拝者が訪れる。境内には、ドイツの世界的建築家、ブルーノ・タウトが約2年間住んでいた「洗心亭」などがある。縁起だるまとして有名な「高崎のだるま」は、9代目住職が飢饉に苦しむ農民の救済に副業として張り子のだるま作りを教えたのが始まりである。毎年1月6日と7日の「少林山七草大祭だるま市」では、大勢の人出で大変賑わう。情報提供元:協同組合i-TAK

住所
群馬県高崎市鼻高町296 情報提供元:協同組合i-TAK
お休み
無休情報提供元:協同組合i-TAK
料金
拝観無料情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先
少林山達磨寺 027-322-8800情報提供元:協同組合i-TAK
アクセス
JR「高崎駅」から車約10分もしくは少林山線の乗附・少林山コースのぐるりんバス約25分「少林山入口」すぐ、またはJR信越本線「群馬八幡駅」から徒歩20分情報提供元:協同組合i-TAK
情報提供元 情報提供元を表示する
本文はここまでです このページの先頭へ