ここから本文です

下風呂温泉郷遊(湯)めぐり

開催中

下風呂温泉郷遊(湯)めぐり

遊(湯)めぐり実行委員会では、宿泊客を対象に、下風呂温泉郷内の共同浴場(大湯、新湯)や旅館、ホテルなどのお風呂3か所に入浴できる“遊(ゆ)めぐり札”を販売しています。イカや湯玉などのユニークな形をしたこの札は、日本三大美林の青森ヒバを使用したもので、記念品としても人気があります。浴衣姿で湯めぐりをすると、古くから残る温泉街の風情が楽しめます。※共同浴場、旅館、ホテルにより利用時間が異なるため、詳細は各施設へお問い合わせください。

青森県のその他一覧

ジャンル:
その他 情報提供元:協同組合i-TAK
開催地:
情報提供元:協同組合i-TAK
開催期間:

※イベントの中止や開催期間の変更に関しては、「問い合わせ先」欄に掲載の連絡先までご確認ください。 情報提供元:協同組合i-TAK
料金:
遊(湯)めぐり札/1枚800円(税込) ※有効期限/利用日より6か月間 情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先:
下風呂温泉旅館組合 0175-35-2010 情報提供元:協同組合i-TAK
関連サイト:
http://www.shimohuro.com/(外部サイト) 情報提供元:協同組合i-TAK

情報提供元を表示する

下風呂温泉郷

ホームページ(外部サイト)

施設の詳細情報
下風呂温泉郷の地図

下北半島の北側にあり、津軽海峡に面し、対岸に北海道の函館と恵山が望める。下風呂の名は、アイヌ語の「シュマ(岩)」・「フラ(臭い)」に由来すると言われている。井上靖の小説「海峡」の舞台としても知られ、文豪が愛した温泉である。夏には、幻想的な津軽海峡の漁り火が見られる。室町時代から刀傷や槍傷に効くと、湯治場として利用されていた。現在では、近代的なホテルと昔ながらの旅館が10数軒、共同浴場の「大湯」・「新湯」がある。目の前が漁場のため、新鮮な海の幸も堪能できる。情報提供元:協同組合i-TAK

住所
青森県風間浦村下風呂 情報提供元:協同組合i-TAK
料金
有料(施設により異なる)情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先
風間浦村観光協会 0175-35-2010情報提供元:協同組合i-TAK
アクセス
JR大湊線「下北駅」から「佐井方面行」の下北交通バス約1時間10分「下風呂」下車情報提供元:協同組合i-TAK
情報提供元 情報提供元を表示する
本文はここまでです このページの先頭へ