ここから本文です

はねず踊りと今様

終了

はねず踊りと今様

「はねず」とは薄紅色をさす古語で、随心院の紅梅は古来より「はねず」と呼ばれ親しまれてきました。はねずの咲く頃に行われるはねず踊りでは、「はねず」の衣裳と菅笠を身につけ小町や少将に扮した少女たちが、境内の表舞台でわらべ歌と踊りを披露します。

京都府の季節のイベント、行事一覧

ジャンル:
季節のイベント、行事 情報提供元:協同組合i-TAK
開催地:
情報提供元:協同組合i-TAK
開催期間:

※イベントの中止や開催期間の変更に関しては、「問い合わせ先」欄に掲載の連絡先までご確認ください。 情報提供元:協同組合i-TAK
料金:
入山料1000円(拝観料、観梅料、踊り鑑賞含む) 情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先:
大本山隨心院 075-571-0025 情報提供元:協同組合i-TAK
関連サイト:
http://www.zuishinin.or.jp/(外部サイト) 情報提供元:協同組合i-TAK

情報提供元を表示する

大本山隨心院

ホームページ(外部サイト)

施設の詳細情報
大本山隨心院の地図

弘法大師の弟子仁海僧正の開基による真言宗の寺院。正暦2年(991年)奏請して、現在の地に建立した。本堂は慶長4年(1599年)桃山期の建築で、神殿造りの堂内には、本尊ならびに諸仏を奉安している。境内には、梅園や石楠花など四季折々に美しい花が咲き、秋にはライトアップを行っている。庭一面に広がる苔は、緑の絨毯が敷き詰められている風情があり洛巽の苔寺と呼ばれている。情報提供元:協同組合i-TAK

住所
京都府京都市山科区小野御霊町35 情報提供元:協同組合i-TAK
お休み
院内行事の際は拝観停止あり情報提供元:協同組合i-TAK
料金
大人400円、中学生300円情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先
隨心院 075-571-0025情報提供元:協同組合i-TAK
アクセス
地下鉄東西線「小野駅」から徒歩5分情報提供元:協同組合i-TAK
情報提供元 情報提供元を表示する
本文はここまでです このページの先頭へ