ここから本文です

松と花鳥~式台の間、2つの時代の障壁画~

開催中

松と花鳥~式台の間、2つの時代の障壁画~

二条城二の丸御殿〈式台〉式台の間障壁画《花鳥図》(部分)

元離宮二条城障壁画の原画公開第2期として、「松と花鳥~式台の間、2つの時代の障壁画~」が展示収蔵館で開催されます。二の丸御殿〈式台〉の間は、〈大広間〉での将軍との対面を前に来殿者が通された部屋であったとされます。北側の壁と西南東側の長押上に描かれている金地濃彩の《松図》は、寛永3年(1626年)に制作され、桃山時代の豪壮さを受け継ぎながらも、新たな時代様式の萌芽が見られます。他方と西南東側の長押下の腰高障子に描かれている可憐な《花鳥図》は、他所から転用されたもので、17世紀から18世紀頃の作とされ、優しい筆遣いと軽やかな風情が感じられる障壁画です。1つの部屋を飾る、2つの時代の障壁画の美しさをそれぞれ鑑賞することができます。

京都府の季節のイベント、行事一覧

ジャンル:
季節のイベント、行事 情報提供元:協同組合i-TAK
開催地:
情報提供元:協同組合i-TAK
開催期間:

※イベントの中止や開催期間の変更に関しては、「問い合わせ先」欄に掲載の連絡先までご確認ください。 情報提供元:協同組合i-TAK
料金:
入館料/小学生以上100円 ※別途入城料が必要/一般600円、高中生350円、小学生200円 情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先:
京都市文化市民局元離宮二条城事務所 075-841-0096 情報提供元:協同組合i-TAK
関連サイト:
http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/nijojo/(外部サイト) 情報提供元:協同組合i-TAK

情報提供元を表示する

元離宮二条城

ホームページ(外部サイト)

施設の詳細情報
元離宮二条城の地図

徳川家康が慶長8年(1603年)に京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所として造営し、三代将軍家光が、伏見城の遺構の一部を移すなどして、寛永3年(1626年)に現在の規模に完成したもの。家康と豊臣秀頼との会見、大坂冬・夏の陣の軍議、慶応3年(1867年)の大政奉還の発表など、さまざまな歴史の舞台となった。二の丸御殿は国宝、旧桂宮御殿を移築した本丸御殿は重要文化財となっており(本丸御殿内は非公開)、平成6年(1994年)には、ユネスコの世界遺産に登録されている。情報提供元:協同組合i-TAK

住所
京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541 情報提供元:協同組合i-TAK
お休み
要問合せ情報提供元:協同組合i-TAK
料金
一般600円、高中生350円、小学生200円情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先
元離宮二条城事務所 075-841-0096情報提供元:協同組合i-TAK
アクセス
地下鉄東西線「二条城前駅」から徒歩5分情報提供元:協同組合i-TAK
情報提供元 情報提供元を表示する
本文はここまでです このページの先頭へ