ここから本文です

十三まいり

終了

「十三まいり」とは、十三歳の厄難を祓い、智恵を授けてもらえるように虚空蔵菩薩に祈願する行事です。古来より、数え年十三歳に成長した男女が、成人の儀礼として法輪寺に参拝していました。古くは本尊虚空蔵菩薩に最もご縁の深い旧3月13日(現在の4月13日)に参詣するのが慣例でしたが、江戸時代の中頃から京都のみならず近畿一円からのお参りが一般に広がり、現在では、春は3月13日から5月13日、秋は10月から11月にお参りが行われています。

京都府の季節のイベント、行事一覧

ジャンル:
季節のイベント、行事 情報提供元:協同組合i-TAK
開催地:
情報提供元:協同組合i-TAK
開催期間:

※イベントの中止や開催期間の変更に関しては、「問い合わせ先」欄に掲載の連絡先までご確認ください。 情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先:
虚空蔵法輪寺 075-862-0013 情報提供元:協同組合i-TAK
関連サイト:
http://www.kokuzohourinji.com/(外部サイト) 情報提供元:協同組合i-TAK

情報提供元を表示する

虚空蔵法輪寺

ホームページ(外部サイト)

施設の詳細情報
虚空蔵法輪寺の地図

京都西山・名勝嵐山の中腹にあり、「十三まいり」の寺として知られる。「虚空蔵さん」とも呼ばれる本尊虚空蔵菩薩は、今昔物語、枕草子、平家物語などにも記述され、智恵、福徳、技芸上達、丑寅年生の守本尊の仏様として奉られている。「針供養」、「漆祖神」の寺としても有名。情報提供元:協同組合i-TAK

住所
京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町 情報提供元:協同組合i-TAK
お休み
無休情報提供元:協同組合i-TAK
料金
無料情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先
虚空蔵法輪寺 075-862-0013情報提供元:協同組合i-TAK
アクセス
JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」から徒歩15分情報提供元:協同組合i-TAK
情報提供元 情報提供元を表示する
本文はここまでです このページの先頭へ