ここから本文です

吉祥天女像特別開扉

終了

吉祥天女像特別開扉

浄瑠璃寺で、美しい容姿と色彩の秘仏吉祥天女像(重文)の特別開扉が行われます。鎌倉時代に作られたとされ、国宝九体阿弥陀堂内の厨子に祀られています。この秘仏は、正月、春と秋の年3回公開されています。

京都府の季節のイベント、行事一覧

ジャンル:
季節のイベント、行事 情報提供元:協同組合i-TAK
開催地:
情報提供元:協同組合i-TAK
開催期間:

※イベントの中止や開催期間の変更に関しては、「問い合わせ先」欄に掲載の連絡先までご確認ください。 情報提供元:協同組合i-TAK
料金:
大人(中学生以上)400円 情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先:
浄瑠璃寺 0774-76-2390 情報提供元:協同組合i-TAK

情報提供元を表示する

浄瑠璃寺

施設の詳細情報
浄瑠璃寺の地図

九体の木造阿弥陀如来像(国宝)を本堂に安置しているため、別名「九体寺」とも呼ばれる。池をはさんで本堂と三重塔(ともに国宝)が建ち、貴重な浄土式庭園の遺構を見せている。秘仏「吉祥天女立像」は正月、春と秋に期間を決めて公開している。情報提供元:協同組合i-TAK

住所
京都府木津川市加茂町西小 情報提供元:協同組合i-TAK
料金
本堂/大人(中学生以上)400円、庭園無料情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先
浄瑠璃寺 0774-76-2390情報提供元:協同組合i-TAK
アクセス
JR「奈良駅」から「浄瑠璃寺行」のバス約25分「浄瑠璃寺前」~徒歩3分、またはJR大和路線「加茂駅」から「加茂山の家行」のバス約22分「浄瑠璃寺前」~徒歩3分情報提供元:協同組合i-TAK
情報提供元 情報提供元を表示する
本文はここまでです このページの先頭へ