ここから本文です

国吉康雄と清水登之 ふたつの道

終了

国吉康雄と清水登之 ふたつの道

清水登之《主婦と下男》1926年 栃木県立美術館

1910年代から20年代初頭、若くしてアメリカに渡り、働きながら美術を学んだ国吉康雄(1889~1953年)と清水登之(1887~1945年)の2人の画家を紹介する展覧会が、栃木県立美術館で開催されます。2人は青雲の志を抱いて渡米し、ニューヨークで画家として活躍していましたが、日米開戦後に大きく異なる道を歩むことになりました。アメリカに残り軍国主義に対抗する活動を行った国吉と、日本に帰国、自らも従軍し、戦争で愛息を失った清水。2人の画家が歩んだ足跡を振り返ります。

栃木県の展覧会一覧

ジャンル:
展覧会 情報提供元:協同組合i-TAK
開催地:
情報提供元:協同組合i-TAK
開催期間:

※イベントの中止や開催期間の変更に関しては、「問い合わせ先」欄に掲載の連絡先までご確認ください。 情報提供元:協同組合i-TAK
料金:
一般800円(700円)、大高生500円(400円)、中学生以下無料 ※( )は20名以上の団体料金 ※6月9日(土)、10日(日)、15日(金)は県民の日関連で無料 情報提供元:イベントバンク
主催者:
栃木県立美術館情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先:
栃木県立美術館 028-621-3566 情報提供元:協同組合i-TAK
関連サイト:
http://www.art.pref.tochigi.lg.jp/(外部サイト) 情報提供元:協同組合i-TAK

情報提供元を表示する

栃木県立美術館

ホームページ(外部サイト)

施設の詳細情報
栃木県立美術館の地図

日本の公立近代美術館の先駆けとして、展示空間の美しさで定評のある川崎清氏の設計により1972年に開館。栃木県を中心とする国内の近現代美術やフランス、イギリス、ドイツなど西欧の近現代美術作品を軸に、版画、挿絵本、写真、工芸を含め9000点近くにおよぶコレクションを収蔵する。独自の視点による企画展を含め、展覧会を年4から5回開催。コレクション展においても年間4回の展示替えで作品を紹介している。情報提供元:協同組合i-TAK

住所
栃木県宇都宮市桜4-2-7 情報提供元:協同組合i-TAK
お休み
毎週月曜(祝休日の場合は開館、翌平日休館)、展示替期間情報提供元:協同組合i-TAK
料金
コレクション展/大人250円、大高生120円、中学生以下無料 ※企画展は展示により異なる情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先
栃木県立美術館 028-621-3566情報提供元:協同組合i-TAK
アクセス
JR「宇都宮駅」・東武鉄道「宇都宮駅」から「作新学院・駒生行」の関東バス「桜通十文字(足利銀行本店前)」下車情報提供元:協同組合i-TAK
情報提供元 情報提供元を表示する
本文はここまでです このページの先頭へ