ここから本文です

勝山のお雛まつり

終了

勝山のお雛まつり

江戸時代の城下町であった勝山では、町並み保存地区から新町商店街の約1km区間が、桃の季節には「お雛様の通り」となります。民家、商家約160軒の軒先や道沿いの部屋に、江戸時代から伝わる秘蔵のお雛様をはじめ、現代の創作手作り雛などさまざまなお雛様が飾られます。雛人形の鑑賞を楽しむのはもちろんのこと、家々で工夫を凝らしたディスプレイも見どころとなっています。2018年は20周年を記念する特別イベントのほか、木雛製作体験やお雛スタンプラリー(いずれも参加無料)などの参加型イベントも予定されています。

岡山県の季節のイベント、行事一覧

ジャンル:
季節のイベント、行事 情報提供元:協同組合i-TAK
開催地:
情報提供元:協同組合i-TAK
開催期間:

※イベントの中止や開催期間の変更に関しては、「問い合わせ先」欄に掲載の連絡先までご確認ください。 情報提供元:協同組合i-TAK
主催者:
「勝山のお雛まつり」実行委員会情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先:
勝山観光協会 0867-44-2120 情報提供元:協同組合i-TAK
関連サイト:
http://www.e-maniwa.net/katsuyamanet/hinabox/hinatop.html(外部サイト) 情報提供元:協同組合i-TAK

情報提供元を表示する

勝山町並み保存地区

ホームページ(外部サイト)

施設の詳細情報
勝山町並み保存地区の地図

出雲街道の宿場町であり、三浦藩2万3000石の城下町。旭川の水運は室町時代末期には開かれていたといい、高瀬舟の北の発着点である勝山は年貢米や林産物などの集積地として賑わった。城下は、城山である太鼓山の南麓に寺町と武家町、西麓に町人町が配された。町並み保存地区を中心に、今も、白壁黒瓦、虫籠窓や格子窓の武家屋敷や商家が残る。高瀬船発着場跡の石畳も約700m残っている。最近では、のれんの町並みとして知られている。情報提供元:協同組合i-TAK

住所
岡山県真庭市勝山 情報提供元:協同組合i-TAK
お休み
店舗により異なる情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先
真庭市役所 勝山支局 0867-44-2607情報提供元:協同組合i-TAK
アクセス
JR姫新線「中国勝山駅」から徒歩10分、または米子自動車道「久世IC」から車約20分、または中国自動車道「落合IC」から車約25分情報提供元:協同組合i-TAK
情報提供元 情報提供元を表示する
本文はここまでです このページの先頭へ