ここから本文です

企画展 シャガール 三次元の世界

開催中

企画展 シャガール 三次元の世界

画家、版画家として有名なマルク・シャガール(1887~1985年)が制作した彫刻作品の紹介を主体とする展覧会が、東京ステーションギャラリーで開催されます。シャガールは、晩年(1951年~)に多くの彫刻を制作していましたが、一般にはあまり知られていません。同展覧会では、シャガールの彫刻作品を中心に、関連のある素描や絵画(油彩・水彩)、陶器、版画など、日本初公開を含む総数約170点が展示されます。作品を通して、平面と立体の関係性、違いや共通点を考察し、シャガール独自の彫刻の世界に触れる貴重な機会となっています。

東京都の展覧会一覧

ジャンル:
展覧会 情報提供元:協同組合i-TAK
開催地:
情報提供元:協同組合i-TAK
開催期間:

※イベントの中止や開催期間の変更に関しては、「問い合わせ先」欄に掲載の連絡先までご確認ください。 情報提供元:協同組合i-TAK
料金:
一般1300円、大高生1100円、中学生以下無料 情報提供元:協同組合i-TAK
主催者:
東京ステーションギャラリー(公益財団法人東日本鉄道文化財団)、東京新聞情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先:
東京ステーションギャラリー 03-3212-2485 情報提供元:協同組合i-TAK
関連サイト:
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/(外部サイト) 情報提供元:協同組合i-TAK

情報提供元を表示する

東京ステーションギャラリー

ホームページ(外部サイト)

東京ステーションギャラリーの地図

東京駅丸の内駅舎内にあるギャラリー。1988年に開館、東京駅の復原工事にともない、2012年にリニューアルオープンした。2階展示室は、一面、赤いレンガ壁に覆われており、重要文化財である東京駅の歴史を感じさせる。対照的に、3階展示室は白壁に囲まれた現代的な空間。八角形の吹き抜けの階段には、旧ギャラリーのシャンデリアやステンドグラスが使われており、レトロな雰囲気が漂う。国内外の人々と文化が行き交う東京駅から、さまざまな文化やアートを発信する。情報提供元:協同組合i-TAK

住所
東京都千代田区丸の内1-9-1 情報提供元:協同組合i-TAK
お休み
毎週月曜(祝休日の場合は火曜)、展示替え期間情報提供元:協同組合i-TAK
料金
展覧会により異なる情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先
東京ステーションギャラリー 03-3212-2485情報提供元:協同組合i-TAK
アクセス
JR「東京駅」丸の内北口改札からすぐ情報提供元:協同組合i-TAK
情報提供元 情報提供元を表示する
本文はここまでです このページの先頭へ