ここから本文です

名古屋港水族館 サマーナイトアクアリウム

開催中

名古屋港水族館 サマーナイトアクアリウム

提供:名古屋港水族館

「サマーナイトアクアリウム」と題し、名古屋港水族館で17時以降の入館料が2割引きとなります。納涼気分満点の「イルカのナイトパフォーマンス」が期間中の19時から行われ、夜空へジャンプするイルカたちが、ナイター照明を浴びてキラキラと輝く幻想的な光景を見ることができます。人気のマイワシのトルネードのほか、すくすく育つイルカやシャチの子どもたちにも会えます。南館内では、天井照明と水槽照明で夜の海を演出したロマンチックアクアリウムも開催されます。

愛知県のその他一覧

ジャンル:
その他 情報提供元:協同組合i-TAK
開催地:
情報提供元:協同組合i-TAK
開催期間:

※イベントの中止や開催期間の変更に関しては、「問い合わせ先」欄に掲載の連絡先までご確認ください。 情報提供元:協同組合i-TAK
料金:
大人・高校生2000円、中小生1000円、幼児(4才以上)500円 ※17:00以降は個人入館料2割引 情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先:
名古屋港水族館 052-654-7080 情報提供元:協同組合i-TAK
関連サイト:
http://www.nagoyaaqua.jp/(外部サイト) 情報提供元:協同組合i-TAK

情報提供元を表示する

名古屋港水族館

ホームページ(外部サイト)

施設の詳細情報
名古屋港水族館の地図

館内は北館と南館に分かれ、約500種、5万点の生物を飼育展示している。「35億年はるかなる旅~ふたたび海へもどった動物たち~」をテーマにした北館は、海洋哺乳動物のシャチ、ベルーガ、バンドウイルカなどを飼育展示。長さ60m、幅30m、最大深水12mの日本最大級のメインプールでは、イルカパフォーマンスやシャチの公開トレーニングが見られる。南館では、「南極への旅」をテーマに、日本の海から深海、赤道の海、オーストラリアの水辺、南極の海までの5つの地域や水域に住む生物を紹介。水族館の隣には、カメ類繁殖研究施設がある。情報提供元:協同組合i-TAK

住所
愛知県名古屋市港区港町1-3 情報提供元:協同組合i-TAK
お休み
毎週月曜(祝日の場合は翌日) ※休館日は変更の場合あり情報提供元:協同組合i-TAK
料金
大人・高校生2000円、中小生1000円、幼児(4才以上)500円情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先
名古屋港水族館 052-654-7080情報提供元:協同組合i-TAK
アクセス
地下鉄名港線「名古屋港駅」から徒歩5分情報提供元:協同組合i-TAK
情報提供元 情報提供元を表示する
本文はここまでです このページの先頭へ