ここから本文です

薬研渓流の紅葉

終了

薬研渓流の紅葉

薬研渓流では、例年10月中旬になると、モミジ、イチョウ、ブナ、カエデなどが色づき、美しい景観を創ります。特に、薬研橋、紅葉橋、乙女橋の周辺からの眺めは一見の価値があります。紅葉のピーク時には、秋の味覚や地元特産物を売る露店が並ぶほか、自然体験イベントが催されます。薬研温泉と奥薬研温泉からなる温泉郷もあり、「薬研」の名称の由来は、温泉の湧出口が漢方薬をすりつぶす薬研に似ているためといわれます。

青森県の花、草木のイベント一覧

ジャンル:
花、草木のイベント 情報提供元:協同組合i-TAK
開催地:
情報提供元:協同組合i-TAK
開催期間:

※イベントの中止や開催期間の変更に関しては、「問い合わせ先」欄に掲載の連絡先までご確認ください。 情報提供元:協同組合i-TAK
問い合わせ先:
一般社団法人しもきたTABIあしすと 0175-31-1270 情報提供元:協同組合i-TAK
関連サイト:
https://gururin-shimokita.com/(外部サイト) 情報提供元:協同組合i-TAK

情報提供元を表示する

薬研渓流

ホームページ(外部サイト)

施設の詳細情報
薬研渓流の地図

下北半島国定公園内、朝比奈岳の北麓に位置する。何千年もの間、浸食作用によって形成された河底美・河岸美が四季おりおり変化に富んだ表情を見せる。薬研温泉から奥薬研温泉までは遊歩道が整備されており、ヤマメ・イワナ・アユ・ウグイなどが豊富で釣りファンにも人気。カモシカの姿が見られることもある自然の宝庫。情報提供元:協同組合i-TAK

住所
青森県むつ市大畑町薬研 情報提供元:協同組合i-TAK
アクセス
JR大湊線「下北駅」からバス「大畑」~車約20分情報提供元:協同組合i-TAK
情報提供元 情報提供元を表示する
本文はここまでです このページの先頭へ